大人ニキビが背中に!原因はなんだろう…?

背中が痒くてちょっと手を伸ばしてみると、やけに指先にざらついた感触がありました。
カサカサと乾いてブツブツしたものがあるみたいです。
鏡に映して首を捻って見ると、見た目にもブツブツしているのが分かりました。
どうやら背中ニキビが出来てしまったようです。

背中なんて滅多に出さないし、普段自分で見るようなことも無いですが、お風呂に入った際にはちゃんと洗っているのにどうしてこんな酷い状態になっているのでしょうか。

顔に出来るニキビとは違って、主な原因は石鹸やシャンプー等の流し残しだと聞きました。
特に髪が背中にかかる人はなりやすいんですって。
たしかにショートカットだった頃には、無かったような気がします。気づいてなかっただけかもしれませんが、今のように気になるほどではなかったはずです。

対策としてはとにかく、背中に流し残しを作らないことだそうです。
それなら簡単そうだと思ったんですが、流せてると思ってたのに流せてなかったのですから、これは相当意識してお湯をかけなければいけないんですよね。

先にシャンプーを済ませてから体を洗うようにすれば、流し残しが減るとアドバイスを貰いましたがそれを実践していまの状態なんですよ。
まずお風呂に入って髪の毛を洗って、体を洗って、それから湯船に浸かる洋にしています。これでも背中ニキビが発生してしまっているんです。
と言うことは、これでもまだ流し残しがあるか、もしくは別の原因があるかってことなんですけど、もし前者だとしたら、どれだけ流せば流し残しは消えてくれるのでしょうか。

そう言えばボディクリームの塗りすぎもよくないって聞きました。
毛穴に詰まったクリームがニキビのモトになってしまうのだとか、もしかしたらこっちかもしれませんね。
石鹸の流し残しでなく、毛穴に詰まったクリームが取りきれてなくて、それが放置されて背中ニキビの原因になっているのかも。
でもクリームを塗らないとすぐにカサカサになって、今度は粉噴き状態になってしまうんですよね。
さて、どうしたものでしょうか。