大人ニキビの原因は睡眠不足かも

先日、仕事をしていて気が付いたのですが、顎のあたりに何かついてるかのような違和感があったのです。手で触っても何ともなかったのですが、後にお手洗いに行って鏡を見てみました。

すると最近ではあまり見なくなったニキビができているのです。これが大人ニキビという物か?と思ったのですが、ニキビはたいてい何もしなくても次第に治る物なので、そのままにしようかと思ったのですが、学生の頃のニキビの思い出があったので、ちゃんと対処した方が良いと考えたのです。

昔は、簡単に潰したりしていましたが、潰した痕が残ってしまうのと、黒ずみのようなニキビ跡は当分消えないということ。一生消えないということはないと思いますが黒ずみはずっと残るのです。

私の友人にかなりニキビが多い人がいたのです。顔だけでなく背中のニキビもかなり多かったので、「お風呂に入ってないじゃないの?」なんて言って冷やかしていたのです。

と言ってはいたものの背中のニキビは私にもあったのです。なので、若い頃にはホルモンの影響で誰しもニキビが出来る事は仕方のないことであり、割り切ることが出来ますが、大人ニキビに関しては、疲れが溜まってるとか、あるいはストレスなどの何らかの影響が考えられると思います。

1つ思い当たるのは就寝時間なのです。就寝時間が長ければ、体の中で細胞を作り替える時間が増えます。皮膚を新しく作り替える働きを活性化させるためにも、早めに就寝して、肌を活性化させることが必要なのです。

ですが、このところは十分に就寝できていないのです。疲れてるのは分かるのですが、昼間にストレスが溜まることが多いと、夜には自分の趣味の時間で楽しみたいと思うようになるのです。それが遅くまでテレビを見たり夜更かしをしたりして、大人ニキビの原因になっているのだと思うのです。

ニキビケアして生理中もニキビができにくい体質になろう

女性に毎月来るのが、生理です。生理前や生理中はニキビができやすいですよね。ホルモンバランスが変化するためニキビがその時期にできやすくなってしまうそうですよ。
私自身ちょうど今、生理が来ているんですがアゴやおでこにニキビが大量発生しています。生理になる一週間前から段々とニキビができてきて、生理が来る頃には肌がひどい状態になっていて嫌な気持ちになることもしばしばあります。
生理は止められるものではありませんし、ホルモンバランスの変化もどうしようもないので半ばあきらめの気持ちもありますが、やっぱりニキビはできてほしくはありませんね。
生理が近いとニキビができやすいということはもうわかりきっていることなので、できるだけニキビができない様に対応策を一応立てています。
まず、食生活については油ものや甘いものをできるだけ控えるようにしています。それらはニキビをつくりやすいので、食べないようにしてニキビの元を絶とうとしています。
それから毎日早く眠るようにしていますね。体をしっかり休めて、ニキビができにくい体をつくろうと心掛けています。
眠ることでニキビの治りも早くなりますし、ニキビ予防にもなって一石二鳥です。
食生活と睡眠と言った生活習慣の改善の他に、スキンケアも念入りに行っています。
洗顔はしっかり泡立てて皮脂汚れを落とすようにし、その後は無添加素材の化粧水・乳液で保湿をして乾燥を防ぎます。
乾燥は肌荒れやニキビの原因となりやすいですし、洗顔後は肌が乾燥している状態なので必ず化粧水と乳液をつけるようにしていますね。
しっかりケアすることでニキビになりにくい肌を作っています。
こうすることで以前よりもニキビは減りました。ただしやっぱり生理近くはニキビができやすく、いくつかできてしまいますね。