ニキビケアして生理中もニキビができにくい体質になろう

女性に毎月来るのが、生理です。生理前や生理中はニキビができやすいですよね。ホルモンバランスが変化するためニキビがその時期にできやすくなってしまうそうですよ。
私自身ちょうど今、生理が来ているんですがアゴやおでこにニキビが大量発生しています。生理になる一週間前から段々とニキビができてきて、生理が来る頃には肌がひどい状態になっていて嫌な気持ちになることもしばしばあります。
生理は止められるものではありませんし、ホルモンバランスの変化もどうしようもないので半ばあきらめの気持ちもありますが、やっぱりニキビはできてほしくはありませんね。
生理が近いとニキビができやすいということはもうわかりきっていることなので、できるだけニキビができない様に対応策を一応立てています。
まず、食生活については油ものや甘いものをできるだけ控えるようにしています。それらはニキビをつくりやすいので、食べないようにしてニキビの元を絶とうとしています。
それから毎日早く眠るようにしていますね。体をしっかり休めて、ニキビができにくい体をつくろうと心掛けています。
眠ることでニキビの治りも早くなりますし、ニキビ予防にもなって一石二鳥です。
食生活と睡眠と言った生活習慣の改善の他に、スキンケアも念入りに行っています。
洗顔はしっかり泡立てて皮脂汚れを落とすようにし、その後は無添加素材の化粧水・乳液で保湿をして乾燥を防ぎます。
乾燥は肌荒れやニキビの原因となりやすいですし、洗顔後は肌が乾燥している状態なので必ず化粧水と乳液をつけるようにしていますね。
しっかりケアすることでニキビになりにくい肌を作っています。
こうすることで以前よりもニキビは減りました。ただしやっぱり生理近くはニキビができやすく、いくつかできてしまいますね。